レディ

形状に適した治療を選択

医師

一般的な施術方法

身体の見えない部分にあれば特に気にならないほくろも、顔や手などの目立つ部分にできると人目が気になるものです。ほくろは美容整形外科クリニックで簡単に除去してもらえるので、気になって仕方がないという人は、早急に信頼できるクリニックに相談しましょう。一口にほくろといっても、実はいくつかの種類が存在します。まずは、自分のほくろが良性か悪性かを見極めましょう。殆どの場合は良性であり、そのまま除去してしまえばいいのですが、中にはメラノーマや皮膚がんの症状がほくろのように見えている場合もあります。ほくろから出血したり、色ムラが見られる場合は悪性である可能性が高いので、すぐに病院で診察を受けましょう。ほくろの良性と悪性の見分けは素人には難しいものなので、気になる場合は医師に相談して下さい。良性のほくろの中にも、いくつかの形状が存在します。色の薄い濃いや厚みの有無などで最適な除去方法は異なるので、まずは形状をよく観察してみましょう。美容整形外科クリニックで行われている主なほくろの除去方法は、レーザー治療です。レーザーを照射して削り取る方法で、メスを使わずに行えるため比較的安全性の高い方法だといえます。また、傷跡が残りにくいので、顔などの目立つ部分でも安心して施術を受けることができるでしょう。このようにメリットの多いレーザー治療ですが、薄いほくろには反応しないなどの欠点もあるので、まずは自分のほくろの治療にレーザーが適しているかを調べてみましょう。レーザーが反応しない場合や、形状の大きなものに関しては、切開法や切除法が用いられます。メスを用いることにはなりますが、ほくろの根元にある組織までしっかり除去できるので、再発の可能性は殆どありません。根の深いものや大きいものの除去には最適な方法だといえるでしょう。切開法も切除法もメスを使用することには変わりませんが、ほくろを切り開く切開法と削り取る切除法では若干特徴が異なるので、医師に最適な方法を提案してもらいましょう。ほくろの治療は、状態に合わせて選べば失敗することはまずないといえます。