レディ

ほくろ治療で行われる方法

カウンセリング

様々なほくろ治療の特徴とは

ほくろの治療でイメージが湧きやすいのは、ほくろをメスなどで切り取って皮膚を縫い合わせる方法ですが、これをくり抜き法と呼んでいて膨らんでいるものでも綺麗に除去することが可能です。くり抜き法は、特殊な器具を用いてほくろをくり抜きますが、顔の皮膚は修復が早い部分なので傷跡の治りが早く、担当医師が上手なら顔のシワに合わせて縫合してくれるので、仕上がりも美しいのが特徴です。ただし、くり抜き法は担当医師のスキルによって仕上がりに差が生まれやすいので、経験の浅い医師が行うと傷跡が残ったり、皮膚がくぼんだように跡が残ることもあります。その為、近年はレーザーを用いた治療を行う人も増えていて、このレーザーの中にも2つの方法があります。1つは炭酸ガスレーザーを用いて削る方法で、もう1つはスイッチレーザーを用いた削らない方法です。炭酸ガスレーザーはほくろに含まれる水分を蒸発させることで治療することが可能で、平らなものや色素が薄いもの、さらには膨らんでいるものまで幅広いタイプのほくろに対応しています。治療後は1週間から10日程度で皮膚が再生して綺麗な仕上がりになります。また、施術時間も5分程度で、施術当日でもシャワーを浴びたり洗顔をすることができるので気軽にできる治療として人気です。次に、スイッチレーザーはメラニン色素だけに反応するように光を調節しているので、色を徐々に薄くしていくことが可能です。ただし、小さなほくろや色素が薄いものでなければ対応していないので、対応できる範囲は狭いです。それでもメスを入れたり肌を傷つける心配がないので、対応できるタイプなら用いられることが多い方法です。このように数ある治療方法の中でも、近年最も用いられているのは炭酸ガスレーザーを使った方法です。炭酸ガスレーザーは先ほどもお伝えした通り、対応できるタイプも幅広く傷跡にもなりにくい為人気です。また、レーザーと聞くと痛みが強いイメージもありますが、実際は色素が濃いほくろに対しては痛みを感じることがあっても、その痛みは瞬間的なものなので耐えられないほどではありません。また、レーザー治療は術後のダウンタイムもあまりありません。しかし、それでもアフターケアなどに注意が必要なので担当医師の指示に従っておくべきでしょう。