栄養にこだわって低血圧を改善する|低血圧は食事が大切

食事

1日の始まりは栄養補給

朝食を食べることは1日の始まりを蓄えるものでして、その栄養を取っていないことから疲れが取れない原因の1つといわれており、そのように朝食を取らないでいる人が現代では増えてきているため、手軽なものでもちゃんと食べることは大事なことです。

詳細を確認する...

血圧を下げる方法とは

高血圧を改善するならサプリを使うとよいですが、サプリだけ飲めばいいというわけではありません。食事を改善することも必要です。サプリは、飲み続けることが必要ですが一日に飲んでいい量をこえないように気をつけて生活そのものの改善もしていくとよいです。

詳細を確認する...

身体の不調疑われる病気

最近疲れやすくなったように感じる、めまいがする、そういった症状はもしかしたら「低血圧」なのかもしれない。低血圧は身体のだるさや吐き気、めまいなどの風邪のような症状に加え、不眠や動悸、不整脈に発汗などの症状が挙げられる。この症状には明確な診断基準がなく、また高血圧の方が重要視される傾向にあるので低血圧はその存在を知る機会が少ない。そのため、「低血圧で」というと怠けていると見られがちになりやすい。女性が多いものと思われがちであるが、男性も少なくなく、年齢を経るにつれて男女差がなくなるそうだ。血圧を測定して最高血圧がいつも110mmHg以下で、前述の症状が出ているならば低血圧を疑った方がよいと思われる。病院で検査を受けて診てもらってはいかがだろうか。

ではこの低血圧を軽減するにはどうしたらよいのでしょうか。まずこの症状には3つのタイプがある。まずは本態性と呼ばれる、原因が明確で無いタイプだ。こちらは他に病気である可能性が低い場合に当てはめられるもので、遺伝が関係しているのではないかとも言われている。また、突然立ち上がった際などに症状が現れる、起立性低血圧というタイプもポピュラーだろう。そして、他の病気や治療の際の薬剤によって引き起こされる、二次性低血圧も厄介な症状だ。これらの症状を改善させるには、主に栄養バランスを整えることが大事である。特にタンパク質の多い肉、魚、大豆製品などを食べることと、ミネラルの多い野菜や海草類を意識して摂ること、3食きちんと食べることに気を付けて食べていただきたい。

軽視せずに病院へ

つい軽く考えてしまいがちな貧血ですが、病気の早期発見のためにも自己判断で済ませず、医師の診断を受けましょう。貧血の症状が酷くなると、ふっと倒れて動けなくなってしまうこともあります。転倒に伴う怪我などの恐れもありますから、一刻も早く治療を開始してください。

詳細を確認する...